借金問題・債務整理を弁護士に相談するメリットとは

債務整理を「どうしても返済できないときの最終手段」と誤解していませんか。
借金の減免を求める手続きは、いつ始めても早すぎるということはありません。なるべく返済と生活費支出を両立できているあいだに弁護士に相談することで、借金を始める前の日常を取り戻しやすくなります。

債務整理の効果やデメリットに不安を抱く人へ、弁護士に任せた場合のみ得られる手続きの利点を紹介します。

債務整理で解決できること

債務整理とは、利息カット・過払い金充当・返済期間の延長により、無理のない返済プランを組んで完済しやすい状態を作り出すための手続きです。
貸金業者との交渉で解決する「任意整理」をはじめとし、借金の大幅減額や全額免除を実現するための「個人再生」「自己破産」を含め、複数の手続きから自分に合うものを選べます。

【参考】債務整理の方法

  • 任意整理…貸金業者と交渉し、利息カット+過払い金充当を行った上で、残債を最長5年(業者によっては、さらに長期の分割に応じてくる場合もあります)に渡って返済する契約を結びなおす手続き。
  • 過払い金請求…改正利息制限法の施行までに払いすぎた利息(グレーゾーン金利)を取り戻し、残債に充当する手続き。
  • 個人再生…住宅などを手元に残しながら、借金を最大1/5(下限100万円)に圧縮する手続き。
    自己破産
  • 個人再生…住宅などを手元に残しながら、借金を最大1/5(下限100万円)に圧縮する手続き。
  • 自己破産…借金の経緯や返済不能となった事情を説明し、高額資産の債権者への分配を経て、借金の全額免除(免責)を受ける手続き。

借金の悩みを弁護士に依頼すべき理由

自力で債務整理すべく貸金業者にアプローチを始めると、法律用語の飛び交う難しい交渉・訴訟手続きを長期間にわたって続けながら、督促による日常生活への弊害も甘受しなければなりません。
こうした債務整理のデメリットは、弁護士に依頼することで一挙に解消できます。

督促が止まる・返済が不要になる

弁護士と委任契約を結んだ日から督促は止まり、手続き終了までのあいだ返済も不要になります。債務整理中の貸金業者との連絡・交渉は、代理弁護士により債務額(残りの返済額)を確定させながら対応が進みます。

自分に合った債務整理の手法を選択してもらえる

債務整理で最も重要なのは、今の債務額と生活状況に合わせた手段の選択です。
一面的なメリットだけに注目して手続きを選択すると、思うように借金が減らないばかりか、仕事や日常生活に深刻な弊害を生じさせかねません。

相談時点で弁護士と綿密に打ち合わせしておくことで、ひとりひとりの「住宅などを確保しておきたい」「国家資格を活用した職業に就いている」といった都合に合わせた最適な方法を提案してもらえます。

手続きを一任して日常生活に集中できる

貸金業者との交渉だけでなく、書類収集・裁判所との連絡などの手続きも、一切を弁護士に任せられます。積極的に依頼人が介入しなくても、法律知識と経験に裏打ちされた「最良策」を常に実行できるのも安心できるポイントです。

弁護士が依頼人のやるべきことを一括で実行することで、督促の停止・返済の一時停止とあいまち、生活に集中して家計再建を最短で実現させられるのです。

当事務所にご相談いただくメリット

宮重法律事務所では、ご相談のハードルである「弁護士費用がない」「相談するタイミングがない」といったご事情に真摯に向き合っています。
これ以上ひとりで悩む必要はありません。債務整理のプロとして、ご相談者様に以下のメリットをお約束します。

メリット1:実績豊富な弁護士が対応

当事務所の自信は、20年以上に渡る債務整理の受任実績です。
過去3,000件以上に及ぶ解決例をベースに、地域性(貸金業者の傾向・広島地裁の運用など)も検討材料に入れながら、ご相談者様の将来を意識した最良策を提供できます。

メリット2:リーズナブルな料金設定・分割後払いシステム

当事務所では分割後払い(月額1万円~2万円)に対応しているため、ご依頼時点ですぐに弁護士費用をご用意していただく必要はありません。
お支払い開始後も生活再建プランを圧迫しないよう、料金体系のリーズナブル化にも努めています。

【宮重法律事務所の料金体系】
債務整理の種類 ご依頼費用 (参考)法テラス水準※
任意整理 相談料:無料
着手金:無料
報酬金:15,000円~20,000円/1社
過払い金請求 相談料:無料
着手金:無料
報酬金:回収成功額の10%+20,000円
(回収額50万円以内の場合)
相談料:無料
着手金:66,000円
実費:25,000円~
報酬金:回収成功額の10%
自己破産
(少額管財事件・同時廃止事件
相談料:無料
着手金:16万円~20万円
報酬金:無料
相談料:無料
着手金:13万円~18万円
実費:23,000円~
報酬金:無料
個人再生
(小規模個人再生・給与所得者等再生)
相談料:無料
着手金:20万円〜25万円
報酬金:無料
相談料:無料
着手金:16.5万~22万円
実費:35,000円~
報酬金:無料

※引用:法テラス『代理援助立替基準』(専門家向け資料/リンク

所得・資産要件を満たす方は、法テラスの「民事法律扶助制度」(弁護士費用の立替金制度)もご利用可能です。

メリット3:相談はご都合に合わせて柔軟に対応可能

債務整理の進行を仕事や家事と両立していただけるよう、当事務所では以下のご相談方法もご利用いただけます。

【宮重法律事務所のご相談方法】

  • メール・電話・LINEによる相談
  • 夜間相談(毎日24時まで)
  • 土日相談(要事前予約)

ご相談いただく方の多くは、債務整理中もめまぐるしく変わる生活状況に悩まされています。最速での生活再建を実現するために、どのような些細なことでもこまめにご相談ください。

債務整理は早期相談がおすすめです

債務整理に伴う複雑な交渉・煩雑な手続きは、弁護士に任せましょう。
依頼したその日から督促が止まることで、借金問題の解決に先だって生活再建を目指せます。

宮重法律事務所では費用面でのハードルを下げ、より早い段階でのご相談をおすすめしています。経験豊富なプロの弁護士が督促のご不安から解放し、ひとりひとりにあった問題解決の見通しを提供します。
電話・メール・LINEなど、ご都合のよい方法でお気軽にお問い合わせ下さい。

債務整理の基礎知識の関連記事

債務整理と“ブラックリスト”掲載との関係

ローンの契約は今や現代生活に欠かせないものですが、債務整理による「金融ブラック化」により阻まれます。 しかし、いわゆる“ブラックリスト”は5年〜10年しか継続しません。特定の債権者のみ整理対象にすることで、債務減額を実現しながらクレジットカ...

弁護士と司法書士の違い―債務整理を弁護士に任せるべき理由

借金問題の解決に動き出したばかりのときほど、司法書士と弁護士のどちらでも受任できる点で困惑します。 業務範囲や解決率にどんな違いがあるのか分からず、相談先選びに難航しがちではないでしょうか、 法律事務全般のエキスパートである弁護士は、債務整...

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は、法的に減額・解決できます!

0120-479-490
受付時間 毎日7:00〜24:00
メールでのご相談はこちら24時間受付